環境省は、2020年3月30日、「TCFDを活用した経営戦略立案のススメ~気候関連リスク・機会を織り込むシナリオ分析実践ガイド~」(以下、実践ガイド)を改訂しました。

実践ガイドは、企業がTCFD (気候関連財務情報開示タスクフォース)を活用して気候関連リスク・機会を経営戦略に織り込むシナリオ分析を行う際の支援ツールとして、環境省が2019年3月に公表したものです。実践ガイドは、環境省が気候変動の影響を受けやすいとされる業種を対象に2018年から実施している「TCFDに沿った気候リスク・機会のシナリオ分析支援事業」の事例等を取りまとめたものです。

今回の改訂では、2019年度の支援事業の成果も踏まえ、以下の内容が追加されました。

  • シナリオ分析を進める上でのステップごとのポイント
  • 2019年度支援企業12社の事例
  • 参考となる外部データ・ツール集等

目次

1. はじめに 
 1-1. 本実践ガイドの目的
 1-2. TCFD提言におけるシナリオ分析 の位置づけ

2. シナリオ分析 実践のポイント
 2-1. シナリオ分析を始めるにあたって
 2-2. STEP2. リスク重要度の評価
 2-3. STEP3. シナリオ群の定義
 2-4. STEP4. 事業インパクト評価
 2-5. STEP5. 対応策の定義

3. セクター別 シナリオ分析 実践事例

  • 株式会社日本政策投資銀行
  • 伊藤忠商事株式会社
  • 千代田化工建設株式会社
  • 株式会社商船三井
  • 日本航空株式会社
  • 三菱自動車工業株式会社
  • 鹿島建設株式会社
  • 住友林業株式会社
  • 東急不動産ホールディングス株式会社
  • 株式会社LIXILグループ
  • 富士フイルムホールディングス株式会社
  • 古河電気工業株式会社
  • カゴメ株式会社
  • カルビー株式会社
  • 明治ホールディングス株式会社
  • 京セラ株式会社
  • 株式会社セブン&アイ・ホールディングス
  • ライオン株式会社

Appendix.
 Appendix1. パラメータ一覧
 Appendix2. 物理的リスク ツール
 Appendix3. 国内・海外シナリオ分析事例

リンク

TCFDを活用した経営戦略立案のススメ~気候関連リスク・機会を織り込むシナリオ分析実践ガイド ver2.0~[PDF 11.1 MB]